• AGAクリニックおすすめ薄毛対策

プロペシアの発毛効果ってどうなの?AGA対策まるごとナビ

タイトル AGAって何?

agaって何?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことです。

一般的に若くして抜け毛が進行する場合を思い浮かべますが、症状は早ければ10代後半から始まり、20代、30代、40代など始まる時期や進行の程度にも違いがあります。

一般的に、20代から60代までの日本人男性のうち3人に1人がAGAに該当するとも言われています。


▶▶▶AGA病院人気ランキングはこちら

◆原因は?

agaの原因は??

男性型抜け毛の原因は、5α-リダクターゼという還元酵素によって作られたDHT(ジヒドロテストステロン)と男性ホルモン受容体が結合し抜け毛が進行するとされています。

毛根細胞の働きは遺伝的な要素もあり、生活習慣の乱れはより進行を早めてしまいます。

歯周病などと同じように痛みなどを伴わないため、ある時気づくと「抜け毛が増えている」と自覚するようになります。

しかし、その時はすでに頭皮が赤茶けていたり、硬くて突っ張っていたり、フケが多くなっていたり、正常な頭皮環境ではないことが多いはずです。

何もしないで進行を急に止めることはできません。


◆改善するには

agaを改善するには?

AGAの改善には、育毛剤やシャンプーを使った自宅ケアのほか、育毛サロンでのケア、さらに育毛専門医によるAGA治療が考えられます。

いずれも改善には3か月から3年かかると言われており、抜け毛や薄毛に気づいた時にはかなり進行が進んでいると考えた方が良いでしょう。

仕事や家庭など精神的なストレス、暴飲暴食などの食生活の乱れ、夜勤の連続など生活習慣の乱れも原因とされる例もありますが、こういった一時的に抜け毛が増えるケースを除いて、放っておけば自然と改善されることはありません。

育毛剤やシャンプーを使った頭皮ケアは必ず必要です。

しかし、特効薬はありませんのでより高い効果に期待するなら専門医によるAGA治療を受けることが必要です。

それでも進行してしまった場合には、専門医による植毛によって前頭葉や頭頂部に自分の髪の毛を移植することもできます。

▶▶▶AGA病院人気ランキングはこちら



タイトル AGA治療はどんな治療をするの?

AGA治療はどんな治療をするの??

AGA(男性型脱毛症)治療はAGA専門の医療機関や一般病院の皮膚科、あるいは地方都市であれば皮膚科開業医で受けることができます。

簡単に言えば、ミノキシジルとプロペシアを併用して抜け毛を抑えながら発毛を促すという治療法です。

共に強い副作用もあることから医師による診断と処方が必要となっています。

AGAは、通常2年から6年と言われる髪の毛の成長期が短くなるヘアサイクルの乱れによって十分成長しないまま若い髪の毛が抜けるようになり、少しずつ全体が薄くなる症状です。

その原因は男性ホルモンの悪影響とされており、市販の育毛剤だけで進行を食い止める、特効薬としての効果にはつながっていないのも事実です。

プロペシアは、この男性ホルモンの悪影響を抑える薬です。

フィナステリドとも呼ばれ、世界60か国以上で承認されているAGA経口治療薬です。

また、ミノキシジルは血行促進から毛母細胞の活性化によって髪の毛が生える効果を生み出します。

医療機関では、ミノキシジルによって発毛や育毛につなげ、フィナステリドによって抜けにくい頭皮環境に改善するような治療を行います。

ミノキシジルは副作用の危険性が高い経口タブレットではなく安全性の高い外用薬を採用しています。

ミノキシジルは市販の育毛剤リアップに含まれる有効成分として知られています。

成分の含有量は1%と5%があります。

ミノキシジルは、血管拡張による細胞活性化から発毛につながる有効成分です。

インターネットによる購入には注意が必要で、薬局で購入する場合は薬剤師の指導を受けるようにするべきでしょう。

インターネットで調べれば、全国のAGA治療専門の医療機関はすぐに見つかります。

地方都市だと皮膚科でもAGA治療は行いますが、できれば専門医で診療や処方してもらう方が安心でもあり、発毛の効果が期待できると考えられます。

▶▶▶AGA病院人気ランキングはこちら



タイトル AGA治療の効果は?

AGA治療の効果は?

AGA(男性型脱毛症)治療は医師の処方によって進められます。

ミノキシジルによって発毛を促進し、プロペシアによって抜け毛を防ぐ治療です。

市販の育毛剤を使う育毛ケアと違い、医薬品として認められた外用薬と経口治療薬による医師の治療です。

ただし、保険適用外なので支払は実費なので注意が必要です。

AGAの原因は昔から、男性ホルモンの悪影響とされています。

細かく見ると原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)で、抜け毛が多い頭皮に大量にあるようです。

DHTは5α-リダクターゼという還元酵素によってテストステロンから変換して生成されます。

このDHTが男性ホルモン受容体と結合することで、2年から6年とされる成長期にある毛髪が休止に入るため、ヘアサイクルが乱れるようになってきます。

市販育毛剤のなかには、男性ホルモンを抑え女性ホルモンと同じ働きを生み出す有効成分を含むものもあります。

一方、医療機関によるAGA治療はプロペシアが5α-リダクターゼを阻害することでDHTの生成を防ぐ効果を生みだし、ヘアサイクルの乱れを防ぎます。

プロペシアは世界60か国以上で承認されている経口治療薬ですが、副作用も心配されることから一部ネット販売を除いて、服用には医療機関での処方が必要です。

一方、ミノキシジルは血管拡張作用に伴い血行促進や毛母細胞の活性化効果があり発毛促進や育毛効果を生み出します。

市販の育毛剤としてリアップが知られていますが、プロペシア同様に血圧低下などの副作用も指摘されています。

AGA専門医では、プロペシアとミノキシジルを併用した治療と処方を行います。

プロペシアのように世界60か国以上で承認されたAGA治療のための経口治療薬と外用薬として塗布するミノキシジルを併用する治療法で、医薬部外品としての位置づけである市販育毛剤には得られない医療効果が期待できます。

市販育毛剤による自宅ケアや育毛サロンでの育毛ケアでも抜け毛の進行が抑えられない場合は、AGA専門医での処方が有効だと考えられます。







同じカテゴリーの最新の記事

  • AGAのセルフチェック

    AGA(男性型脱毛症)治療はAGA専門クリニックで行うのが一般的ですが、場合によっては自宅ケアでも抜け毛の進行を遅らせることができます。 さほど深刻でない場合、副作用の心配があるAGAクリニックでの治療や処方の前にできることとして...


  • AGAに副作用はないの?

    ◆「ミノキシジル」と「プロペシア」に注目! AGA(男性型脱毛症)治療におけるキーワードは「ミノキシジル」と「プロペシア」です。 ミノキシジルは血管拡張、プロペシアは抜け毛の多い頭皮に見られるDHT(ジヒドロテストステロン)の生...


  • AGA治療の期間は?

    ◆継続する事が大切! AGA(男性型脱毛症)治療効果が現れるのは、通常治療開始から3か月からと考えられています。 最初に初診と検査を行い治療が始まります。 通院は毎月1回が一般的です。 初診時の頭皮の状態や治療効果に...


  • AGA治療の費用は?

    ◆費用の相場は? AGA(男性型脱毛症)治療はAGA専門の医療機関か皮膚科など一般の医療機関で可能です。 通常、専門クリニックに通うと毎月3万円程度が必要だと考えられます。 保険適用外の治療です。 経口育毛剤や塗布剤...


  • プロペシアの発毛効果ってどうなの?AGA対策まるごとナビ

    AGAって何? AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことです。 一般的に若くして抜け毛が進行する場合を思い浮かべますが、症状は早ければ10代後半から始まり、20代、30代、40代など始まる時...