• AGAクリニックおすすめ薄毛対策

AGA治療の期間は?

◆継続する事が大切!

AGA治療の期間は?

AGA(男性型脱毛症)治療効果が現れるのは、通常治療開始から3か月からと考えられています。

最初に初診と検査を行い治療が始まります。

通院は毎月1回が一般的です。

初診時の頭皮の状態や治療効果に個人差があり一概には言えませんが、3か月程度で発毛効果が生まれ、その後も継続して経口治療薬(プロペシア)の服用や外用薬(ミノキシジル)の塗布を継続する必要があります。

効果を維持するためには、AGA治療をずっと継続する必要があります。

市販の育毛剤を使う自宅ケアや育毛サロンの利用を問わず、自分の髪の毛を維持し続けるにはコストと継続した取り組みが必要です。

AGA治療も、軽い病気や怪我の治療とは違いこれからずっと治療や育毛剤の服用を続ける必要があります。

期間を区切って生え始めるまでの3か月の通院というわけにはいかないのが実情です。

男性用カツラメーカーの増毛も同じなので抜け毛を防ぐコストは毎月必要になると考えるべきでしょう。


◆植毛なら抜けないの?

植毛なら抜けないの?

唯一、数年から10年は継続治療を必要としない方法もあります。

AGA治療として最後の方法とも言える「植毛」の場合です。

植毛なら、移植した部分の髪の毛はほとんど抜けることはありません。

その理由は、抜けて無くならない後頭部下や側頭部の毛根を移植するためです。

しかし、植毛にも一長一短があって、まだこれから抜けると推察される部分に植毛をしてしまうと、時間が経過すれば植毛した髪の毛だけ残り元々そこに生えていた髪の毛はすべて抜けてしまいます。

髪の毛のデザイン上も不自然になってしまうのです。

そこで、AGA進行が初期の時点で植毛を希望しても、AGA治療を勧められるケースも多いのです。

まず経口治療薬とミノキシジルの塗布によって抜け毛の進行を食い止め、髪の毛全体の発毛を促す治療をする方が有効だと専門医が判断した場合です。

いずれにしても、AGAの治療は、止めてしまえばまた元の状態に戻ってしまいます。

期間を決めて治療が行えるわけではなく、エステサロンや口腔ケアのように継続した取り組みが必要となります。






同じカテゴリーの最新の記事

  • AGAのセルフチェック

    AGA(男性型脱毛症)治療はAGA専門クリニックで行うのが一般的ですが、場合によっては自宅ケアでも抜け毛の進行を遅らせることができます。 さほど深刻でない場合、副作用の心配があるAGAクリニックでの治療や処方の前にできることとして...


  • AGAに副作用はないの?

    ◆「ミノキシジル」と「プロペシア」に注目! AGA(男性型脱毛症)治療におけるキーワードは「ミノキシジル」と「プロペシア」です。 ミノキシジルは血管拡張、プロペシアは抜け毛の多い頭皮に見られるDHT(ジヒドロテストステロン)の生...


  • AGA治療の期間は?

    ◆継続する事が大切! AGA(男性型脱毛症)治療効果が現れるのは、通常治療開始から3か月からと考えられています。 最初に初診と検査を行い治療が始まります。 通院は毎月1回が一般的です。 初診時の頭皮の状態や治療効果に...


  • AGA治療の費用は?

    ◆費用の相場は? AGA(男性型脱毛症)治療はAGA専門の医療機関か皮膚科など一般の医療機関で可能です。 通常、専門クリニックに通うと毎月3万円程度が必要だと考えられます。 保険適用外の治療です。 経口育毛剤や塗布剤...


  • プロペシアの発毛効果ってどうなの?AGA対策まるごとナビ

    AGAって何? AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことです。 一般的に若くして抜け毛が進行する場合を思い浮かべますが、症状は早ければ10代後半から始まり、20代、30代、40代など始まる時...